× 閉じる
もっと見る

関連書籍

モダン・タイポグラフィ

ロビン・キンロス 著

明朝体活字

小宮山博史 著

町まちの文字 完全版

蓜島庸二 編著

増補改訂新装版 〈ゴシック4550〉

鎌田経世 著

ミニマル・パッケージ・デザイン

Chris Huang 序文/和田 侑子 翻訳

篠原榮太のテレビタイトル・デザイン

篠原 榮太 著

アーケードゲーム・タイポグラフィ

大曲 都市 著

新装版 書体デザイン

桑山 弥三郎 著

製本大全

フランツィスカ・モーロック、ミリアム・ヴァスツェレフスキー 著

印刷・紙づくりを支えてきた 34人の名工の肖像

雪 朱里 著

マッチ・ラベル1950s-70sグラフィックス

たるみ燐寸博物館 小野 隆弘 著

細密装飾&文様の極み モダンデコラティブ・デザイン

センドポインツ・パブリッシング 編

混沌をデザインする カオス・グラフィックス

センドポインツ・パブリッシング 編

TYPOGRAPHY13

タイポグラフィ編集部 編

アジアンタイポグラフィデザイン

サンドゥ・パブリッシング 編

名刺&小型カードのデザイン

センドポインツ・パブリッシング 編

ロゴでブランディング

センドポインツ・パブリッシング 編

ハンド・レタリングの教科書

マルティナ・フロー 著

TYPOGRAPHY12

タイポグラフィ編集部 編

定番フォント ガイドブック

タイポグラフィ編集部 編

アジアンタイポグラフィ&ロゴ NEXT

ヴィクショナリー 編

シャドウ・タイプ

スティーヴン・ヘラー/ルイーズ・フィリ 著

痛快!亜細亜の文字デザイン

ヴィクショナリー 編

新装版 古代文字

日向 数夫 著

欧文タイポグラフィの基本

サイラス・ハイスミス著/ 小林 章 監修

ぼくのつくった書体の話

小塚 昌彦 著

時代をひらく書体をつくる。

書体設計士・橋本和夫に聞く 活字・写植・デジタルフォントデザインの舞台裏

雪 朱里 著

活字~写植~デジタルフォントと三世代にわたり続く日本の書体の歴史のなかには、その存在の重要さに関わらず、あまり知られていないデザイナーがいる。その筆頭が、金属活字・写植・デジタルフォントの三世代で書体デザイン・制作・監修を経験し、特に写研で大きな功績を残した橋本和夫さんだ。日本の書体史の主軸となる部分を築いてきた人である。本書では、橋本さんのロングインタビューを通して、これまであまり語られてこなかった、だが間違いなく現在のルーツとなる書体デザインの舞台裏を浮かび上がらせ、日本の書体の知られざる流れを紐解いていく。

発売日:2020年11月刊行
仕様:A5 上製 総304頁
定価:本体2,700円(税別)
ISBN:978-4-7661-3459-9
分類コード:C3070

ご購入はこちら