× 閉じる
もっと見る

関連書籍

篠原榮太のテレビタイトル・デザイン

篠原 榮太 著

アーケードゲーム・タイポグラフィ

大曲 都市 著

新装版 書体デザイン

桑山 弥三郎 著

製本大全

フランツィスカ・モーロック、ミリアム・ヴァスツェレフスキー 著

マッチ・ラベル1950s-70sグラフィックス

たるみ燐寸博物館 小野 隆弘 著

細密装飾&文様の極み モダンデコラティブ・デザイン

センドポインツ・パブリッシング 編

混沌をデザインする カオス・グラフィックス

センドポインツ・パブリッシング 編

TYPOGRAPHY13

タイポグラフィ編集部 編

アジアンタイポグラフィデザイン

サンドゥ・パブリッシング 編

名刺&小型カードのデザイン

センドポインツ・パブリッシング 編

ロゴでブランディング

センドポインツ・パブリッシング 編

ハンド・レタリングの教科書

マルティナ・フロー 著

TYPOGRAPHY12

タイポグラフィ編集部 編

定番フォント ガイドブック

タイポグラフィ編集部 編

アジアンタイポグラフィ&ロゴ NEXT

ヴィクショナリー 編

シャドウ・タイプ

スティーヴン・ヘラー/ルイーズ・フィリ 著

痛快!亜細亜の文字デザイン

ヴィクショナリー 編

新装版 古代文字

日向 数夫 著

欧文タイポグラフィの基本

サイラス・ハイスミス著/ 小林 章 監修

ぼくのつくった書体の話

小塚 昌彦 著

まちモジ

小林 章 著

世界の美しい欧文活字見本帳

嘉瑞工房 著

Helveticaを作った活字鋳造会社ハース社ほか、欧米の有名な活字鋳造会社が制作していた欧文活字書体の見本帳集。
書体見本のほか、書体の効果的な使用事例が紹介されたこれらのパンフレットや見本帳は当時の組版工やデザイナーが腕をふるった印刷物として、今見ても非常に参考になる欧文タイポグラフィの資料集です。
本書では、戦前から1970年代までの金属活字のパンフレットや見本帳約350点を掲載。欧文活字印刷会社として定評のある嘉瑞工房が収集した貴重なパンフレットや見本帳の写真を解説とともに紹介しています。
金属活字黄金時代の美しい欧文活字や、すばらしい組版の事例が多数紹介されており、現代のデザイナーの参考資料としても十分活用できます。
古くは1734年の見本シート、1886年の見本帳など戦前、戦後の金属活字のカタログ、見本帳が満載。
大冊の見本帳は古書店に出ることもありますが、チラシやカタログはほとんど残っていません。聞いたことはあるけど見たことがない有名書体がきっとあるはずです。

発売日:2012年12月刊行
仕様:B5 並製 総196頁
定価:本体2,800円(税別)
ISBN:978-4-7661-2448-4
分類コード:C3070

ご購入はこちら