× 閉じる
もっと見る

関連書籍

民藝の教科書③木と漆

久野 恵一 監修/萩原 健太郎 著

憧れはあるけれど価格的に、また手入れなどの面でも思われがちな漆器や木工品ですが、シンプルで堅実、求めやすい価格、そしてもちろん使い勝手もいい道具たちが、そのつくり手とともに多数登場します!
歴史的背景や思想よりも“いまの民藝"を紹介することにこだわる「民藝の教科書」シリーズ第三弾。
テーマは「木と漆」。“木の文化"といわれる日本の暮らしを支えてきた木の道具たち。伝統的な木工品、漆工品をいまも守り続ける全国23カ所のつくり手たちをレポート。
木のある暮らしの魅力を再認識できる一冊。

発売日:2012年12月刊行
仕様:B5 並製 総160頁
定価:本体2,000円(税別)
ISBN:978-4-7661-2443-9
分類コード:C0072

ご購入はこちら