× 閉じる
もっと見る

関連書籍

茅葺き民家

佐野 昌弘 写文

著者・佐野 昌弘氏が30年にわたって日本全国を歩き、レンズに収めた2
万5千枚を越える膨大な写真の中から約260点を厳選して収録。伝統や民
俗を見つめ直し、自然回帰が言われる今日、日本の原風景とも言える茅
葺き民家の懐かしく美しい佇まいを、ほぼ全国的な規模で紹介する。これ
ほどの規模でまとまった写真集は、おそらく空前絶後だろう。なぜならす
でに茅葺き民家の多くは永遠に失われてしまったからだ。
本書には、いわゆる民家園的な建物や居住者のない保存建築は取り上
げていない。実際に人が住んでいる「活きている民家」のみを選び、近
景、中景、遠景を取り混ぜながら一枚一枚写真に収めている。時を越え
て語りかけてくる風景を、北は北海道から南は九州まで県別にたどる。
能楽者で民家再生リサイクル協会会長の観世榮夫氏、また新潟県に自ら
建てた藁葺き民家に住むドイツ人の建築デザイナー・民家研究家、カー
ル・ベンクス氏も絶賛の一冊。

発売日:2001年1月刊行
仕様:A4変型 並製 総208頁
定価:本体3,800円(税別)
ISBN:978-4-7661-1197-2
分類コード:C0072

ご購入はこちら